スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by マミ : 京都在住  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

サクラさんの騎士

おはようございます。


サクラさんがね~。フフフフフ



階段を上がれるようになったんですよ。やったね~ 

実は最近まで自分で上がれなかったんです。

男の子たちは子供のころからタッタッタッタ~、って上がったり降りたり出来たんですが、サクラは抱っこして2階に連れて行ってたので自分で階段上り下りをする必要も気もなかったんです。


でも、サクラさん・・・・・・・降りられませ~ん。 



サクラ~、自力で上がれるようになったからって、意味もなく階段を4~5段上がって泣き喚くのはやめようよ。

しかも、サクラが階段を上がるたびに男の子たちが心配そうにサクラに寄り添ってるじゃないの。

アトムなんて、サクラが落ちないように1段下で身体を張って守ってくれてるし。

アトム
アトム「そう、サクラはアーちゃんが命を賭けて守るんや!」


夕べも、サクラが調子に乗って階段を5段ほど上って遊んでいたんです。
男の子たちに囲まれながら。

でも、10分もしたら子供たちは飽きて2階に上がってしまいました。

私は、と言うと・・・・・・・・・・・・・・・。

「自分の意思で上がったんやから自分でなんとかしなさい!」
って突き放して様子を見てたんです。(悪魔のようなママですね~。)

しばらくしたら、小さな声が「ク~ンキュ~ン」って聞こえてきました。

「もう~、サクラは~~~! また助けを呼んでる~。」って思ったんですが、よく聞くとサクラの声じゃないんです。アトムの声なんですよ。

アトムサクラの1段下にズ~っと付いててくれたんです。

アトム「ママ~。アーちゃんが抱っこして下ろしてあげたいんやけど抱っこできひんね。サクラを助けてあげて~。」 って、必死で訴えてきてるんです。

普段、何様?ってくらい乱暴で偉そうな態度のアトムサクラのこととなると、プライドをかなぐり捨ててまで私を頼るなんて、もう~、なんて素敵な男なんでしょう!


アトムって、アトムって・・・・・・・・最高!!!

やっぱりアトムって、ええ男やわ~。 


★.・。゜・☆。.・'。.★.・。゜・☆。.・'。.★.・。゜・☆。.・'。.★ ・。゜・☆


ブログランキングに参加しています。

呆れた親バカに付き合いきれないって言わないで
ここをポチッと、お願いします♪

こっちもポチっとよろしく~。
いつも、応援ありがとうございます。たいへん励みになっています。




最近、迷惑コメントが多いので、画像認証制にしました。
ちょっと面倒ですが、画像にあるひらがなの数字を半角数字で入れてくださいね。
よろしく~ 
スポンサーサイト
by マミ : 京都在住  at 06:40 |  サクラとアトム |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
当サイトはリンクフリーです。

このブログをリンクに追加する
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
ランキングに参加しています。

1日1回クリックで応援してね♪
このブログの主人公と脇役
サクラ&アトム

マミ : 京都在住

Author:マミ : 京都在住
サクラとアトムファミリー(パピヨン)

サクラ : 母犬 
2003/12/12

アトム : 父犬 
2005/8/10

ラン(蘭丸) : 子供 
2006/8/27

ケン(拳太) : 子供 
2006/8/27

いくつになったの

全記事(数)表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
最近のコメント
コメントありがとう。
365カレンダー
お気に入りのリンク
このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する by BlogPeople
Track back

◆パピヨン◆ ◆飛べないパピヨン倶楽部♪◆ ◆多頭飼い◆ ◆KANSAI DOG's◆ ◆親馬鹿愛犬家ブログ◆ ◆かわいいワンちゃん◆ ◆犬のいる暮らし◆ ◆ブロガー犬◆ ◆WAN SHOTS◆

カテゴリー
最近のトラックバック
以前の記事

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

AD-Butterfly
犬のポータルサイトPetCが主催する、ペットブログランキング!

RSSフィード
ブログ検索
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。