スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by マミ : 京都在住  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ランとケンで思うこと。

サクラアトムは、子供が育った今でも超ラヴラヴ。ウフッ

って、いうか・・・・・。
アトムが一方的にベタベタ。

サクラ&アトム、ラヴラヴ
今日もこんなふうに寝ています。
パパとママが仲がいいのやっぱりいいわね~。




ところで、最近ランケンを見ていると、私と妹の関係がオーバーラップしてきてしかたがないんです。

ラン
ラン「愛されることに不器用な男。ランやけど、なんか文句あっか?」


甘えたいのに、素直に甘えられない。こんなとこが私とソックリで、ほっとけないし、気になる。

アトムサクラ、夫にもベタベタ甘えているケンを羨ましそうに離れたところから寂しそうに見ているランが不憫に思います。
その反面、私と重なって気恥ずかしいような・・・・・。



そう、こいつが愛されるために生まれてきたようなケンちゃんです。
ケンちゃ~ん、なに不機嫌な顔してんの?

不機嫌ケンちゃん
ケン「ブ~。ボクなんでサクラママの服?イヤでちゅ!恥ずかしいでちゅ!ブカブカでちゅ~!!!

寒くて震えていたので、シャツの上にサクラの服を重ね着です。
ケンちゃんは、ブカブカなのがお気に召さないようですが。ププッ


なぜ、私とランが重なるのか。
続きを読むにUPします。
興味のある方は、クリックして読んでくださいね。


★.・。゜・☆。.・'。.★.・。゜・☆。.・'。.★.・。゜・☆。.・'。.★ ・。゜・☆


ブログランキングに参加しています。

ここをポチッと、お願いします♪

こっちもポチっとよろしく~。
いつも、応援ありがとうございます。たいへん励みになっています。

私は、2人姉妹の長女。
初めての子供だということで、大事にはされました。

私が1才6ヶ月のときに妹が誕生し、姉という役割を必然的に押し付けられたというわけです。
まだまだ甘えたい幼児なのにね。

幼いころの記憶の中に母のこんな言葉があります。
「お姉ちゃんなんだから・・・」 「お姉ちゃんが我慢するのがあたりまえやろ」 「お姉ちゃんが子供みたいに甘えたらあかんで」
「妹は小さいんやし・・・・・」

って言う具合に物心がつくころには妹がいたために、甘えるのを我慢していました。
親の「お姉ちゃんなんだから・・・・・」の言葉の中に、しっかりして妹を守っていくのを期待されているのが分かっていたので、一生懸命背伸びをして姉らしく振舞っていました。
両親の期待を裏切っちゃいけない。ってね。

いくつになっても妹は手のかかる可愛い子供。
私は幼くても大人。
そりゃー、先に生まれた私のほうが大人に見えるのはしかたがないです。
私のほうが年上なのは、私の責任じゃありません!!!

大人になって、一人暮らしをしながら将来のために貯金をしていた私に対して、妹は結婚するまで実家で暮らし給料は自由に使い(車や旅行、ブランド物など)楽しそうに暮らしていました。
そんな妹が羨ましい反面、天真爛漫な笑顔を見ていると私も嬉しくなるのが不思議でした。
たった一人の妹を愛しく思っていたんでしょうね。

そんな妹が結婚するとき、両親は喜んで結婚仕度をそろえていましたよ。
その時母が「お姉ちゃんなんだから妹が欲しいっていう物を買ってお祝いしてあげなさい」って。
また~。って思いましたが・・・・・・。
嬉しそうに「このベッドとフリルのついた羽毛布団と、あれとこれと、ついでに新婚旅行のお小遣いも頂戴~」って甘えられたら、「無理や!」なんて言えなくて、貯金を解約して奮発しました。

そんな私に両親は、「流石お姉ちゃんやな~。しっかりしてるわ。あんたは子供のころから甘えることもない可愛げのない子やったけどしっかりしてたもんな」って言われました。
ちょと~。それはないんじゃない?甘えたいのに甘えたら「もうおねえちゃんなんだから」って叱られつづけたたら甘えられないじゃない。
そんな育てられかたをした結果、素直に甘えられなくなったじゃないの~。

因みに、1年後に結婚した私は貯金が少なすぎて、派手な結婚披露宴も婚礼セットも諦めて今でいうジミ婚にしました。
人並みの結納金なんてもってこられても、それに見合う仕度ができないので、夫にはそんなのも全てなしにして下さい。ってお願いして納得してもらいました。

両親に頼んだら妹と同じようにしてもらえるにはわかってましたが、姉のプライドが邪魔をして絶対にしたくなかった。
自分のことくらいなんとかしないと今まで必至で頑張って「姉」をいう仮面を被っていたのが無駄になりそうで怖かった。

そんな私が友人たちや夫からは、「天然」って思われてるようです。
きっとそれが素の私なんでしょうね。

妹とは、今でも仲がいいですよ。
彼女が私をどう思ってるのかはわかりませんが、やっぱりたった一人の可愛い妹ですから。

ただ、1つだけちょっと悲しかったエピソードがありました。

私の実家では、毎年1月2日にみんな集まって新年会をするのが恒例になってるんです。
嫁いだ娘が家族を伴って帰って来るというので、母は大喜びで準備をしてくれています。

私が結婚して初めての新年会での出来事。

実家ということで、私たち夫婦は普段着。
妹夫婦は着物を着ての正装。
母は嬉しそうにこっそり私に言いました。
「あの着物(妹のご主人のも)私が反物を選んで、知り合いに仕立ててもらって持たしてやったんやで。ちゃんと今日着てくるやなんて親孝行な子やわ~。」だって。(私は着物なんて独身のころに買ったものしか持ってないのに)
ちょっと意地悪を言いたくなって、
私「私も着物を揃えてって言ったら買ってくれた?」
母「どうせ、着物を持たせてやっても、あんたは素直じゃないから着てくれへんやろ。」
私「それもそうやな。普段全然着いひんのに、もったいないだけや。メンテナンスも自分でできひんし。やっぱりいらんかったわ。」

私の心の声「私が着物も買えへんかったんは、誰のせいや思てんの。アホ」


アトムの態度は私の母のように、ケンばかり可愛がって甘やかして、ランには厳しい。
素直に甘えたいときに甘えるケンちゃん。
そんな子供は可愛いものです。まるで私の妹みたい。

甘えたいのに甘えたら拒否されるんじゃないかと思い、甘えることに臆病なランくん。まるで私のよう。

アトムから見たら、体格のいいランは、自分の立場を脅かすライバルとしか見られないんでしょうね。
それにくらべ、チビで甘ったれなケンはいつまでも幼い可愛い子供なんでしょう。

ちょっと、子供のころを思い出している今日このごろです。


そんな母も数年前に亡くなりました。
なぜ私にあんなに厳しかったのか聞きたかったけど、もう聞けません。
いろんな思いがありますが、今となっては全て懐かしい思い出です。
厳しくてもいいから、もう1度母に会いたいです。
「お母さん、私あなたの娘で幸せでしたよ。次もあなたの娘として生まれてきたいです。そのときは、もう少し甘えさせてね」


スポンサーサイト
テーマ: パピヨン -  ジャンル: ペット
by マミ : 京都在住  at 04:12 |  わたくしごと |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2007/11/23 11:15   [ 編集 ]

ランくんのおすまし顔も、
ケンちゃんのふてくされ顔も
2人ともとっても可愛いね~♪
サクラちゃんとアトムくんもいつまでもラブラブなのね~v-10

マミさんのお話を聞いて、長女の気持が分かったような気がします。
私は3姉妹の真ん中。
出来の良い姉が嫌いでした。
でも、姉も長女として頑張っていたのでしょうね(^^)
by リキママ 2007/11/23 20:31  URL [ 編集 ]

サクラちゃんとアトム君、仲良く寝ている姿を見ると心が和みますね~
ラン君とケン君、対照的な性格なのかしら?
兄弟で同じように育てたつもりでも、もって生まれた性格というか、個性があるところなど、人間と同じですね。

私は3人姉妹の長女です。
妹達とは歳が随分離れているので、おしめをかえたりしてました^^;
お姉ちゃんどころか、半分お母さんみたいな関係だったような…。
しかも、私が18歳以来一緒に暮らしていないので、休みの時に帰省すると二人とも何やら気を遣っちゃって、まるでお客さん扱い。笑
親は忙しかったので、3姉妹ともあまり甘えさせてもらった記憶はないですね~
寂しかったのを覚えてます。
結果、年取った母は子供達が可愛げないとこぼしています^^;
マミさんは、まだ一番甘えたい時にもう妹さんが誕生されたんですね。
お母様、きっと何気なく「お姉ちゃんなんだから」って言ってらしたんでしょうが、マミさんは一生懸命それに応えてこられたんですよね。
本当にいいお姉さんで妹さんはお幸せです。
お母様も天国で、マミさんは本当にいいお姉さんで、よくやってくれたと感謝して自慢していらっしゃると思いますよ^^



by うだん 2007/11/25 09:41  URL [ 編集 ]

大人~

マミちゃんより私の方がずーーっと年上だと思うけど
マミちゃんはワタシより ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと大人だわンv-7
歳だけとっても私はまるで子供状態で 穴があってもなくても 穴に隠れたいv-17 
ワタシ  姉と二人だけの姉妹です。 姉とはもちろんレイン母です。家の場合はマミ姉妹とまったく逆でした。 ワタシは甘えベタで姉は明るくて 得しているなぁって思っていました。 でも 最近聞いた話では 複雑な家庭環境に育った私たち姉妹なので 姉はワタシを守るために 必死で明るくしていたみたいです。

妹さんきっと絶対 マミちゃんのこと大好きだと思いますょ~

だってね  ワタシ レ母の姉が大好きだもん♪ 変な理屈かな?

v-10マミちゃんのこと ワタシ大好きだよんv-238

by みもりこ 2007/11/25 23:33  URL [ 編集 ]

コメント、ありがとうございます。

リキママさんへ
サクラとアトムは、呆れるほどラヴラヴですよ。うふふ
ま、アトムの片思いとも言われてますが。(笑)

リキママさんは、妹なんですね。
いろんなことを我慢して、思春期には屈折した性格になってた自分自身を消したいと思ってる私には、羨ましいですよ。
リキママさんのお姉さんも常に妹のいいお手本にならなくちゃ、とか妹を守らなきゃとかって頑張っていたんですよ。
年の近い姉妹だと子供のころ喧嘩ばかりしていても、大人になるとお互いを理解できて仲良くなるものですね。
自立したり結婚したりと、離れて暮らすようになると余計に姉妹がいてよかったと感じます。気を使わなくていい友達みたいなものです。
リキママさんもお姉さんと仲良くしてますか?(^-^)


うだんさんへ
ランとケンは性格ですね。
まだやっと育児箱からヨチヨチと出てきたころから、ケンは手の上でうつらうつらしてたのに、ランは大暴れしてましたから。
育て方じゃなくて持って生まれた性格があるなんて人間と一緒ですね。

姉妹でも年が近いのと離れてるのではその関係が違ってくるんですね。
うだんさんの存在は、妹さんにとってはお姉さんっていうよりお母さん。
きっと、妹さんはうだんさんに甘えて頼っていたんでしょうね。
でも子供らしく喧嘩をしたり遊んだりってのは、あまり出来なかったんでしょうね。
年が離れてると話も合わないし。
そんなことで、久しぶりに会ったら気を使ってしまうのかな?

やっぱり、甘えてくる子は可愛いけど、気を使ってであっても甘えない子は可愛げがないって思うのが母親なんですね~(/_;)
私も「可愛げのない子」ってしょっちゅう言われてました。
ほとんど口癖みたいなものでしたけど。無意識に言ってたようです。
妹は、呆れるほど甘え上手で要領のいい子。
私が親に叱られてるのを見て、上手に立ち回っていたようですよ。
これって、下の子の特権?ふふ
妹とは、大人になってからのほうが仲がいいんです。
離れてると、親も妹も恋しくなってきますね。
母に誉めてもらえるように生きていかなきゃね(^^)v


みもりこさんへ
え~~~~~?うそでしょ~?  みっちゃんのほうが年下だと思ってましたよ。
絶対に、私のほうがズ~~~っと年上のお姉さんですよ。(と思う)
あ、そうか。タメかな。

長い人生。子供時代もいろいろあるもんですね。
私は、両親が喧嘩をしたら妹が不安がって泣き出しちゃうので、無理して笑っていました。
不安な顔を妹には見せられませんから。
喧嘩ばかりしていても、妹は私が守らなきゃって思っていたのかも。ふふ
しんどいだけなのに、背伸びばかりしてバカみたいですね。意地っ張りで素直じゃなかったんです。(/_;)

そっか~。みっちゃんは、お姉さんが好きなんだ~(^-^)
なんだかその言葉、いいですね。私の妹から言ってもらったような気がしますよ。
ふふふ、みっちゃ~ん、ありがとう~~~(^-^)
by マミ@サクアト 2007/11/28 05:58  URL [ 編集 ]

私も年子の弟のいる第一子なので、言っていることが良くわかります。
同じようなことを母から言われたこともあります。
いつも上の子は損だと思ってました。
親の期待を裏切っちゃいけないんですもの。
それが身にしみこんでましたね。

その後いろんな方に色んなお話を聞いて
どの立場の子にもそれぞれ不満があることを知りました。
可愛がられ何不自由なく過ごしてきたと思っていた弟の口から
不満の声を聞いたときはわが耳を疑いましたよ。


アトム君にとってはラン君は力をつけた若犬に見えるのかもしれませんね。
そしてケン君はきっと一番下の立場で、その立場を楽しんでもいるのでしょうね。

我が家のカミィがケン君と同じような感じだったのですが、
ディアの子犬が産まれ教育係を一手に引き受けていた時、
甘えることも無く、仔犬の上に立つものとして我慢して胸張って頑張っているように見えました。
その後、仔犬たちが巣立ってしばらくすると甘えんぼカミィが戻ってきたんですよ。
これにはびっくりしました。

血縁関係のあるなしでまた違うのかもしれませんが
(家は全員血縁関係ないですし)
とっても共感を覚える無いようでした。
長文失礼しました~。
by kuro 2007/11/28 14:34  URL [ 編集 ]

コメント、ありがとうございます。

kuroさんへ
そうそう、長女ってしっかりしてるのが当たり前。悪いことをしたりしたら「妹がマネをするでしょう!」って叱られるし。
面倒をみたり、お手本になることを要求されたりと、気苦労しましたよ。

でも、kuroさんの言うように、妹は妹で不満があったようですね。
私は独り暮らしを反対されなかったのに、妹は危険だからと許してもらえなかったのが納得できなかったと、言っていました。
「お姉ちゃんは信用して、なんで私は信用してくれへんの?差別や」って、怒ってました。
妹は、人の道に外れたようなことをする子じゃなかったのにね。どちらかと言えば、私よりはるかに几帳面で真面目。なのに、信用してもらえなかった妹が可哀想に思いました。
妹が独り暮らしをしたいと言ったとき、私も両親と一緒になって反対しましたから。

ほんと、それぞれの立場で不満を抱えていたんですね。
子供のころ、私は妹の立場を理解できなかったし、妹は、姉の立場を理解できなかったってことなんですね。

サクラがヒート中の今は、ランとケンの立場がよくわかります。
ランはアトムよりも体も大きくて性成熟も十分してますから、自分の立場を脅かすライバルにしかみえないんでしょう。
ランの上に立ち続けるには、体力で勝てないので、気迫だけしか武器のないアトムも必死なんでしょう。
それに引き換え、ケンはまだまだ幼い子供。アトムに戦いを挑むこともない、可愛い子供ってことかな。

カミィちゃんが教育係りを引き受けたエピソードに、思わず頬が緩みましたよ。ふふふ
可愛いな~。健気だな~。 やっぱりカミィちゃんは愛さずにはいられない素敵なパピちゃんですね。
ケンに似てるな~って感じてたのは、雰囲気が似てたんですね。う~ん、納得(^^)v
by マミ@管理人 2007/11/30 07:58  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

当サイトはリンクフリーです。

このブログをリンクに追加する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ランキングに参加しています。

1日1回クリックで応援してね♪
このブログの主人公と脇役
サクラ&アトム

マミ : 京都在住

Author:マミ : 京都在住
サクラとアトムファミリー(パピヨン)

サクラ : 母犬 
2003/12/12

アトム : 父犬 
2005/8/10

ラン(蘭丸) : 子供 
2006/8/27

ケン(拳太) : 子供 
2006/8/27

いくつになったの

全記事(数)表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
最近のコメント
コメントありがとう。
365カレンダー
お気に入りのリンク
このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する by BlogPeople
Track back

◆パピヨン◆ ◆飛べないパピヨン倶楽部♪◆ ◆多頭飼い◆ ◆KANSAI DOG's◆ ◆親馬鹿愛犬家ブログ◆ ◆かわいいワンちゃん◆ ◆犬のいる暮らし◆ ◆ブロガー犬◆ ◆WAN SHOTS◆

カテゴリー
最近のトラックバック
以前の記事

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

AD-Butterfly
犬のポータルサイトPetCが主催する、ペットブログランキング!

RSSフィード
ブログ検索
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。